こぶしデンタルクリニック

~こぶしの木のように地域に根をはったあたたかい医療を~
 03-6904-3505
お問い合わせ

入れ歯治療

歯を失ったところの粘膜に人工の歯のついた床をのせて支え、残った歯にバネをかけて安定させます。

残っている歯がある場合が部分入れ歯、ない場合が総入れ歯です。

取り外して手入れをすることができ、ブリッジのように両隣の歯を多く削らなければならないことがないのが利点ですが、

ブリッジに比べて安定性が劣る、バネなどの違和感がある、バネがみえてしまうなどの欠点があります。

 

B-5.png     B-6.jpg

(部分入れ歯)  (総入れ歯) 

入れ歯は保険診療で作ることができます。 

 

金属床義歯

また、入れ歯のこれらの欠点を補うために主要な部分や面に金属を使ったもの(金属床義歯)もあります。

金属床義歯には次のようなよさがあります。

 

・薄い

保険の入れ歯(レジン床義歯)はプラスチックですが、金属で強度があるので厚みを薄くすることができます。それによって口の中の違和感が少なくなります。 

 

・熱を感じる。

金属の熱伝導によって、熱い、冷たいを感じることができるので、よりおいしく食事をすることができます。 

 

・丈夫プラスチックの入れ歯に比べて割れにくく丈夫です。 

より精密に加工ができるので、強固にがっちり安定して残っている歯への負担も少ないです。

金属床義歯には金属の種類によってコバルトクロム床、ニッケルチタン床があります。ニッケルチタン床のほうが、より軽く、金属アレルギーの心配が少ないです。 

 

ノンクラスプデンチャー 

部分入れ歯は残っている歯に金属のバネ(クラスプ)をかけてお食事やお話しをするときに入れ歯が動かないようにするのが一般的ですが

そのバネがお話ししたり笑うと気になる、また金属アレルギーを気にされる患者さんには金属のバネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)があります。

バネを使用していないので見た目が自然です。

ただし強度が弱くなりますので定期的なつくりかえが必要な場合があります。

内側の見えない部分を金属にして補強することも可能です。ご相談ください。 

 

 NCD.jpg

 

 

2018.04.23 Monday